This page covers Elm 0.18

バックエンド

アプリケーションのバックエンドが必要ですが、json-serverを使用することができます。

json-serverは、偽のAPIを素早く作成できるnpmパッケージです。

新しいノードプロジェクトを開始します。

npm init

すべてのデフォルト値を受け入れます。

json-serverをインストールします:

npm i json-server@0.9 -S

プロジェクトのルートにapi.jsを作成します。

var jsonServer = require('json-server')

// Returns an Express server
var server = jsonServer.create()

// Set default middlewares (logger, static, cors and no-cache)
server.use(jsonServer.defaults())

var router = jsonServer.router('db.json')
server.use(router)

console.log('Listening at 4000')
server.listen(4000)

ルートにdb.jsonを追加します:

{
  "players": [
    { "id": "1", "name": "Sally", "level": 2 },
    { "id": "2", "name": "Lance", "level": 1 },
    { "id": "3", "name": "Aki", "level": 3 },
    { "id": "4", "name": "Maria", "level": 4 },
    { "id": "5", "name": "Julian", "level": 1 },
    { "id": "6", "name": "Jaime", "level": 1 }
  ]
}

次のコマンドを実行してサーバーを起動します。

node api.js

参照することによってこの偽のAPIをテストしてください:

results matching ""

    No results matching ""